既卒の就活ガイド|就職活動ハウツーサイト

*

どれだけ存在しているの?正規雇用と非正規雇用の違いと差

   

違いがあるケースとないケース

 正規雇用と非正規雇用の違いや差というのは、見出すのが実はとても難しいもの。特に近年はその差が少し曖昧になってきているようです。もっと言えば、非正規雇用であるにもかかわらず正規雇用と同じような働き方をし待遇を受けているケースもあり、場合によっては非正規雇用の方が収入があったり待遇が良いというケースも出てきているのです。

 とは言え、全体として見れば、収入が大きく待遇が良いのが正規雇用であり、ずっとそこで働くことが契約の前提となっているのが正規雇用であり、そうしたことから、ある意味会社や社会から守られているのが正規雇用であることは揺るぎません。

レベルアップにも大きな差が

 働き続けていれば、その仕事に関しては徐々にレベルアップしていくはずです。それは技術的なこともそうでしょうし、役割や役職といったものにも言えるかもしれません。このレベルアップがどんどん図られていくのが正規雇用で、なかなかそれが困難なのが非正規雇用である、という差もあります。

 レベルアップが顕著であれば収入も増えると予想されますし、仮に勤める会社を変更する気が出てくれば、それも実現させられる可能性も高まるでしょう。ずっと非正規雇用のままでレベルアップをするのは難しいため、転職等を考えた時には、どうしても非正規雇用は不利になりがちのようです。

無視はできないイメージの違い

 この社会はイメージで構成されている部分も非常に大きい。イメージは良いに越したことはありません。

 正規雇用と非正規雇用を比較して違いを見てみた時、このイメージを無視することもできないはず。よりイメージが良いのは、正規雇用です。これに関しては、非正規雇用の種類や働き方が多様化してきているとは言え、もうしばらくは覆ることがない違いとなるはず。

 どんなに稼いでいても、それが非正規雇用であればイメージがとても良い状態とはならず、どうしてもマイナスのイメージが付きまとってしまうのです。

【関連記事】
既卒が利用する求人媒体は
既卒が求人票で見るべきところは
ブラック企業に就職しないように

 - 求人情報

  関連記事

ブラック企業に就職しないように

ブラック企業に行かないように  既卒だと就職において立場が不利なためにブラック企 …

既卒が利用する求人媒体は

転職サイトも利用しよう  就職するとなれば大抵の方が求人サイトを利用すると思いま …

既卒が求人票で見るべきところは

未経験と経験  既卒であれば当然仕事の経験がないため、未経験の求人を狙って探して …