既卒の就活ガイド|就職活動ハウツーサイト

*

就職前に植え付けておきたい意識、“体調管理は社会人の常識です”

   

体調管理が出来ていないと信用を失いかねません

 身体の調子が悪くて学校を休む。学生の頃は特に気にすることもなかったでしょう。しかし、社会人になると、途端にこうしたことが許されない雰囲気となります。「身体の調子が悪くて会社を休むとは何事だ!」と叱咤される経験もするかもしれません。それは、体調管理が社会人として必要不可欠な意識であることを物語っています。

 人間なんだから体調が悪くなることくらいありますよね。それでも、そうならないようにしておくことが仕事の一部であるという考え方は、日本人であればもはや当たり前なのかもしれません。また、体調管理ができておらず体調を崩し仕事を休んでいれば、それだけで信用を失うこともあるでしょう。それが社会人であるということを、就職前に頭の中に叩き込んでおくべきです。

緊張感を持つことで回避できるかもしれない体調不良

 体調を崩さないためにはいろいろと気を付けたいことがありますが、緊張感を常に持っておくことも重要です。体調を崩すのは決まって休みの日、という人は少なくありません。これは、常日頃緊張感を持っており、それが途切れる休日などに、どっと疲れが出て風邪を引いたりしてしまうから。

 血管障害や心臓病などの重い病は、遺伝的になりやすい人がいたり、不摂生によって患ってしまう人も多いでしょう。しかし、風邪や熱が出るなどの軽めの症状は、緊張感を持つことで回避できる可能性が高いと思われます。

 緊張感を保ち、気合いを入れて、心底仕事に打ち込む。この姿勢を貫くことも、十分有効な体調管理法となるのではないでしょうか。

就職を機にペットを飼ってみては?

 もし動物が好きながら、就職を機にペットを飼ってみるのはどうでしょう。お勧めは犬。犬をはじめとするペットには、体調管理に効果を発揮する幾つかの要素が隠れています。まず、生活サイクルを正すことに役立つでしょう。エサをあげる時間、散歩に行く時間などは必然と決まってきますから、休みの日でもダラダラとせずに、規則正しい生活が送れるようになります。

 散歩と言えば、運動にもなりますよね。たかが散歩でも毎日継続することで、運動不足を解消することができるでしょう。体力維持にも当然役立ちます。ペットは癒しですから、ストレス発散にも効果覿面。責任感も生まれますし、まさに体調管理や健康を意識する人にはうってつけなのです。

【参考記事】
就職をする目的をはっきりさせる
既卒の市場価値は
就職活動を始めるタイミングは

 - 就職活動の進め方

  関連記事

就職活動を始めるタイミングは

始めるタイミングは  企業が求人を多く出す時期というのは決まっています。そのため …

既卒の市場価値は

既卒の市場価値を知る  既卒は市場価値として見ると企業では「中途採用枠」として扱 …

就職をする目的をはっきりさせる

定める目的について  既卒が就職をしようと決めたのであれば当然何かしら目的がある …