既卒の就活ガイド|就職活動ハウツーサイト

*

就職希望者なら知って損無し「試用期間とは?」

   

“会社に損害をもたらさないか”をチェック

 「試用期間とは何だろう?」と思っている人は、求人によく目を通している人なのでしょう。未だ就職の経験がない人は、この試用期間も経験していないでしょうから、不思議に思う、疑問に思うことも当然です。

 この試用期間は、チェック期間であると解釈しておいてください。何をチェックするのか、細かいところを見ていけばいくらでも挙げられるのですが、それらをまとめると、「会社に損害をもたらさない人物かどうか」のチェック期間と言えるでしょう。

 履歴書に嘘は無かったか、能力が著しく低くはないか、トラブルメーカーではないかなどを、この試用期間で企業は見極めようとしているのです。

解雇の心配・不安は(ほぼ)ありません

 試用期間について誤解をしている人が就職希望者には非常に多い。これも就職経験がないことが原因なのでしょう。

 試用期間中の解雇、これについては心配する必要も不安に思う必要もほぼありません。“ほぼない”というところに引っかかる人もいるかもしれませんが、最初にも書いたように、会社に損害をもたらすような人物でなければ解雇されてしまうことはないと思っておいて問題はないのです。

 会社に損害をもたらす人とは、決してミスを犯したり怒られたりしたらそれに該当するわけではなく、“相当の”損害をもたらすと判断されない限りは通常解雇されることはありませんから、心配するだけ無駄だと思っておいていいでしょう。

トラブルになったら辞めること

 試用期間中に解雇される心配・不安は持たなくても大丈夫ですが、就職活動中にどうしようもない企業を選んでしまうと、しばしばトラブルに巻き込まれることも出てくるでしょう。慎重に就職活動をし企業研究をしても、悪徳企業に引っかかってしまう人は出てきてしまうもの。既卒者は特に焦っているでしょうから、こうしたケースも想定しておかなければなりません。

 もしトラブルになったら、即刻辞めましょう。争ったり改善を求めたりするだけ時間の無駄。それよりも早く退職し、次の就職先を探す方がよっぽど利口。誰しもが知るような超有名企業に就職したのであれば争ってもいいかもしれませんが、普通の企業への就職の場合には気持ちを切り替えて次の行動に出ることをお勧めします。

【関連記事】
既卒が入社の際に確認しておきたいことは
入社契約書に気をつける
内定が決まった後はどうする
既卒者が初出勤までにすべきこと

 - 入社準備

  関連記事

入社契約書に気をつける

入社契約書の内容はしっかりと確認  入社契約書は雇用契約書のことであり、これに給 …

既卒が入社の際に確認しておきたいことは

入社をして何をするか  入社をするとなれば仕事をすることになります。そのため入社 …

内定が決まった後はどうする

健康状態は大丈夫か  既卒となれば就職活動もそれなりに厳しいものになったはずです …

既卒者が初出勤までにすべきこと

入社する企業の情報を頭に入れる  既卒者が、初めて正社員就職するのですから、同期 …