既卒の就活ガイド|就職活動ハウツーサイト

*

既卒者が初出勤までにすべきこと

      2015/11/24

入社する企業の情報を頭に入れる

 既卒者が、初めて正社員就職するのですから、同期よりスタートが遅れた分、事前準備をしっかりしておくことが、とても大事です。まず、これから入社する企業について、予備知識を持つことをおすすめします。

 会社全体の組織図や支社や営業所の所在地、事業内容、その企業が扱っている商品やサービスの名称と特徴、主な取引先の名称など、調べられることは、すべて調べておきます。

 さらに、業界内でのシェアや売上高の推移など、企業研究の際に入手した情報を、より細かく調べて分析しておくと、実際の業務の説明が始まったときに、役立つはずです。また、業界や職種についての研究も合わせて行っておくと、実際の業務にどんな知識やスキルが役立つのかを考える、参考になるはずです。

社会人基礎力を磨いておく

 既卒者は、社会人としての職務経歴がありませんから、同い年の社員と差が生まれているのは事実です。いち早く業務で役立てるようになるためにも、入社までに社会人基礎力をアップする努力をしておくことをおすすめします。具体的には、社会人としてのマナーやモラルを、しっかり体得するということです。

 例えば、会議室やエレベーターの中の末席を理解して、常にその位置をキープするようにしたり、電話応対で困らないように準備したり、男女問わず、来客対応できるように、お茶くみができるようになっている方がよいなど、接遇マナーは事前に習得しておくことができるはずです。

 電話応対がスムーズだと、周囲の見る目も変わりますし、連絡のメモがきちんとかければ、特に上司の覚えがよくなるはずです。業務で貢献できない分、社内で自分ができることを増やして、入社するようにがんばりましょう。

【関連記事】
既卒が入社の際に確認しておきたいことは
入社契約書に気をつける
内定が決まった後はどうする
就職希望者なら知って損無し「試用期間とは?」

 - 入社準備

  関連記事

入社契約書に気をつける

入社契約書の内容はしっかりと確認  入社契約書は雇用契約書のことであり、これに給 …

既卒が入社の際に確認しておきたいことは

入社をして何をするか  入社をするとなれば仕事をすることになります。そのため入社 …

就職希望者なら知って損無し「試用期間とは?」

“会社に損害をもたらさないか”をチェック  「試用期間とは何だろう?」と思ってい …

内定が決まった後はどうする

健康状態は大丈夫か  既卒となれば就職活動もそれなりに厳しいものになったはずです …