既卒の就活ガイド|就職活動ハウツーサイト

*

既卒で就活をするための5つの手順

 就職活動をする上で待ち受ける数々のハードル。このハードルを越えるためにまずしたいことは何か。それは、そのハードルを認識すること。どのくらいの高さがあるのか、自分で超えられるものなのかなどを知ることが求められます。

就職・転職準備について

 就職活動の第一のハードルは、自己分析や社会の就職情勢の把握など。ここで失敗したり手を抜くと、準備の段階で躓いてしまいます。転倒すればその先には進めませんし、その先のハードルを越えることも困難となるため、求人情報に手を出す前にしっかりと確認しておきましょう。

【参考記事】
就職をする目的をはっきりさせる
既卒の市場価値は
就職活動を始めるタイミングは
就職前に植え付けておきたい意識、“体調管理は社会人の常識です”

求人情報について

 次のハードルは、求人情報を集めること。最初のハードルが難なく超えられれば、それを参考にしつつ求人を探し出すことができるはず。応募すべき企業はどこか、求人が発しているメッセージは何かを読み取ることも可能となり、こちらもスムーズに超えられるでしょう。

【参考記事】
既卒が利用する求人媒体は
既卒が求人票で見るべきところは
ブラック企業に就職しないように
どれだけ存在しているの?正規雇用と非正規雇用の違いと差

履歴書や職務経歴書について

 応募するために用意しておかなければならない履歴書、及び職務経歴書。これはとても高いハードルです。ただ、慎重になればこれも怖がる必要はありません。慎重とは、自己分析や求人のピックアップなどの作業を改めて見直すことも含まれます。

【参考記事】
既卒の履歴書で見られるところは
応募書類を送る際には
履歴書を書く時に手が止まってしまったら

面接について

 多くの人が最大のハードルと捉える面接。既卒者は就職せずに時間を過ごしてしまったことを考え、尚更そう思うかもしれません。しかし、ここもこれまでの就職活動のステップを見直すことで、どう対応すればいいのか見えてくるはずです。

【参考記事】
既卒が面接でする質問は
面接での服装はどうするか
既卒でする面接対策

入社準備について

 大学などを卒業しているわけですから、既卒という状況を卑屈に考える必要はありません。もしそう捉えているのであれば、入社準備をしっかりとしておくことです。企業の情報などを集めておけば、入社後に待っているハードルを越えることも難しくはなくなるでしょう。

【参考記事】
既卒が入社の際に確認しておきたいことは
入社契約書に気をつける
内定が決まった後はどうする
既卒者が初出勤までにすべきこと
就職希望者なら知って損無し「試用期間とは?」

公開日:
最終更新日:2015/11/24